間寛平 世界一周マラソン 記録ブログ
by runandsailing
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
気象コンサルタントの馬場さんと面談
7月6日
㈱海洋気象コンサルタント馬場正彦さんに気象のコンサルトをお願いにあがる。以下がヒヤリング内容
■高気圧のヘリに添って走るのが小型ヨットでは基本的に楽なコース(時計回りに噴出すので追って)
■大西洋も北半球なので太平洋と同じ。ハリケーンも6月7月8月がいわゆるシーズンヨーロッパに6月に着くのベスト。北よりのコースからイギリスによりながら南下するのが一般(これも高気圧のヘリを走る)
■太平洋横断は30度付近を東進し、日付け変更線のあたりからゆっくり北上するのが得策。はじめから北にあがると強風が多い。北海道なら8月6月なら鴨川ぐらいから、、、基本的に台風はコースが読めるのでそれほど気にしなくても。
■インマルサットはゆれに弱く、イリジウムを使っている(固定アンテナ)ハンディータイプももっています。
■現在に2艇のヨットに毎日メールと電話で海洋情報を送り続けている。
■アメリカは陸送したほうが楽ではないか・・・。
■アメリカ大陸沿いに南下するのは逆風なので・・・。
■スエズ運河からいくつか海賊がでるので調べておいたほうがいいですね。
■スエズが抜けれればオーストラリア北部をそってはしり北上するのがいいのでは・・・。

全体の海洋状況、陸上の天気を考慮し、いつ日本を出発するべきかを逆算し決定したいことを伝え、また今後のプロジェクトの気象アシスタントも引き受けてもらえました。とてもヨットが好きで打ち合わせあと飲みにいって大いに盛り上がり飲みすぎてしまいました。
全世界の気象が頭に入っている馬場さん。東京にいながらもサポートヨットとともに大洋をかけている感じがすばらしかった!です。
[PR]
# by runandsailing | 2006-07-08 16:48
竹下打ち合わせ
7月5日
夕方から竹下といろいろ話をする。ざっとはいろいろ寛平さんとやってきて、少々疲れてきているようで、3年目になろうとしていることからすると、それはそれで当たり前なことだし、自分も多かれ少なかれそんなこともあったと励ます。基本的なこのプロジェクトの考え方、僕なりの思いをできるだけ丁寧に伝えたところ、竹下自身の最後のほうにはすっきりとした顔つきになっていた。とにかくそこまでがんばったのだから・・・という結果をだしてからチャレンジできるようにゆっくりともってこう!っということで、10月14日から23日あたりで一週間50キロのテストトレーニングを行うことにする。10月までのトレーニングメニューを坂本さんに作成してもらい筋トレも行ってもらうことにする。竹下もマネージャーが3年目を迎えるので、無事にスタートできたときには別の担当になっていることと思う。どこかの地で元気な顔で竹下が現れ、最初は竹下で・・・を話しながら寛平さんを元気づけできていればすばらしいことだ!
[PR]
# by runandsailing | 2006-07-06 09:56
マネージャー初会議
6月22日
11時より山康チーフマネージャー竹下マネージャー寛平さんとで初の打ち合わせ。まだ非公開ではあるが、作成した計画書を説明する。今読んでいるオーストラリア4200キロを77日間で走った手記にもあったように、とにかく疲労を残さず10日間走れたら、その繰り返しになり、超長距離も可能になるとあり、まず会社やマスコミに発表前にきっちりとトレーニングを行うことを決める。スケジュールの調整できるとこでまず①一日50キロを一週間トライしてみる。どれぐらい問題なく走ることができるか?の第一ステップ。その後②2ウイーク(6日間50キロ一日休憩×2セット)600キロを無事にこなせれば③日本列島縦断を!それを完走して世間に発表!こんな感じの打ち合わせとなる。自分自身がかなり前から真剣に考えていただけに、少々マネージャーののりが肩透かしな感じもしたが・・・・・?それだけ途方もない計画がゆえにだろう。今日NHKエンタープライズの岡本Pにユーラシアに詳しい人を紹介してほしいのお願いに早速NHKスペシャルのエグゼクティブプロデューサーを紹介してもらうことになる。これまたすごい人が出てきたもんだ・・・。恐縮します。後舵社安藤さんにもお願いし、気象のエキスパート馬場さんも紹介してもらうお願いをする。とはいえ3つのシュミレーションランニングを難なくこなさないと、本当の夢に終わってしまうため、何とか寛平さんにはがんばってもらわないと・・・と思う。
[PR]
# by runandsailing | 2006-06-23 23:12
サハラてくてく記
サハラてくてく記 リヤーカーマンアフリカ大陸横断11000キロ 永田忠志著を読む。アフリカ東海岸モンバサから西海岸横断し、その後北上しサハラ砂漠を横断、フシニシュはパリ。とにかくマラリヤ等、体調を崩すことが多い内容であった。精神力との戦いが印象的。治安の悪さにおけるトラブルは以外に少なかった。しかし体調を維持し、致命的な病気にかからないように対策が必要と考える。医師の同行がベターだが、現実的には無理なので、インターネットと電話での医師の常時サポート体制をひくべきと考える。
[PR]
# by runandsailing | 2006-06-17 21:04
沖縄料理
6月13日
久しぶりに寛平さんと打ち合わせをする。白鳥ディレクター(元藤岡弘探検隊隊員)も海外ロケの経験が多いことから一緒に飲む。なかなかいいやつです。今日からはドキュメンタリー用の素材としてのVTRの撮影も始める。慣れないムービーを説明書を読んで使う。今後撮り方等々勉強が必要である。鶴餅さんさんが海は危ない!堀江謙一と一緒やったらええけど・・・、といつもの不安を口にする寛平さん。白鳥君とロマンがない!飛行機で移動は!と一掃する・・。まだ陸地での移動の危険性の実感がないのだろう。安全な日本との差があまりにも大きく、本を読めば読むほど安全面が気にかかる。山本安。竹下マネージャーと一度ブレストをやろう!ということになる。
[PR]
# by runandsailing | 2006-06-14 11:20
計画書作り
昨日今日と家でずっと計画書を作る。計画書であって計画書でないところが少々納得がいかないが、現時点ではしかたがないと思う。昨日も寛平さんから電話があり、「早よいこな!」・・・・本当にもつのだろうか?自分がもし世界一周ヨットでいくなら、それなりの決心で行けると思うが、寛平さんの世界一周は、この前思いついただけ。しかしミラクルな体力と、運と、得体の知れない「何か」を持った人だけに、予想はまったくつきません。一日地球儀と世界地図とにらめっこしている中、ながこの持っていた「教科書」を見ると、地球のサイズや世界地図の解説、それなりの気候や風土など、学ぶことがたくさんあり、わかりやすさにビックリ!。「道」や「鉄道」がしっかり記載されており、これは便利と早速三省堂に注文する。コース選定のために主要な地図をスキャンして、コンピューターに取り込む。ざっと地球儀で図ると、直線でランが18500キロ、セーリングが14100キロ、ランは直線に近いので、走る距離はさらに1.3倍はあると思う。とにかく大西洋を横断してからのコースが北よりから、南よりまで含め、まったく未知な状態。とにかく今日思いついたのは、NHKの専門スタッフにヒヤリングをしよう!と思ったのと、気象予報会社で、多くのヨットマンがお世話なっている、馬場さんにヒヤリングに行こうと思う。体裁だけは計画書になってきたので、寛平さんと会社に正式にお願いすることが、もうにげられない・・・!ためにも必要か・・・も・・・・。
[PR]
# by runandsailing | 2006-05-28 22:33
計画書作り
大阪出張。会社であいた時間を使って計画書に加筆。ルールの項目やスポンサーの考え方などのページを追加する。今実家でも作業をする。もちろんまだ親には内緒。本日より「世界最長の徒歩旅行」ジョージミシガン著を読み始める。奥さんがなんと日本人。フェゴ等から北極圏まで走破する本で、かかった年数がなんと7年。これでは長すぎる。今日徒歩世界一周の本からマイル数を抜き出すと19303マイル約30000キロ、一日50キロ走って617日、太平洋が60日、大西洋30日合計で700日。やはり3年はかかるだろう。こうしてみるとヨットは早い!やはり行程のほとんどがランニングである。しかしアメリカ西海岸から東海岸への回航。ヨーロッパからオーストラリアタスマン海から北上し日本まで回航・・。これは長い。たぶん200日?それにしてもスケールがすごすぎてなんだか変な感じがぬぐいきれない。とにかくコースを決め、綿密なルートを割り出し、計画書におとしこまなければ。。。
[PR]
# by runandsailing | 2006-05-18 23:30
世界地図
今日アメリカ人で世界一周徒歩であるいた経路を世界地図(常時持つハンディーマップ)にルートと距離を書き入れる。今後バイクや徒歩等々、参考文献を読んだ後書き入れるようにします。情報収集のための基本知識のためのトレーニングです。前回読んだバイクで世界一周も書き入れます。おおもとの地図が見えなくなるぐらい、このプランが練れないと成功はないと思います。じっくりプランを考えます。
[PR]
# by runandsailing | 2006-05-18 00:40
坂本さん
今日坂本さんから電話がある。もし真剣にやるのだったら、○んさんルートもあるし、スポンサーのことも含め打ち合わせをしよう!とのこと。寛平さんが早速電話したようだ。以前に軽く行ったときは笑っていたのに、寛平さんの気迫に押されたのであろう。ブレストするにも大まかな計画書を上げ、予算を早く組まないと!
[PR]
# by runandsailing | 2006-05-15 22:40
下北
寛平さんとの打ち合わせをまたまた下北沢でおこなう。スペイン料理を食べながら、作りかけの計画書と世界地図をさかなに飲む。ヨットのことが不安らしく、台風のとこいかんといてな!の連続。そもそもヨットがおそらく一番安全だということ、つまり飲料から食料から安全備品やライフラフとの話をし、そんなものすべてが揃っているヨットはいわば完璧な移動手段であること。それにくらべ陸を走るということは、高額な撮影機材やインマルサットなどの通信設備をもち「我々は高価なものをもってますよ!」といいながら治安の悪い地区を走るほうが余程危険である・・・とゆっくりと説明を繰り返す。これはヨットの不安を取り除くブラフではなく、実は本当にこれが一番頭が痛い。アメリカ大陸は何とかなりそうだが、スペインから中国が本当に危険な箇所が多すぎるのも事実。今後計画を立てていくにはこの安全確保が一番の課題になってくるだろう。寛平さん自身はもう完全戦闘モード全開で、早く行きたくて仕方がない様子。ひっきゃんで始まりひっきゃんで終わることを痛く喜んでくれる。時間もたっぷりあったので、ブログで書いてある内容をすべて寛平さんに話をした。最終的な自分の夢、最近の人生訓、このプロジェクトには3通りしかないこと、スタートすら切れない、スタートするがリタイヤ、完走この3つも実はもうすでに決定していて、それが実はもう決められていることなので、どちらにせよそれを受け入れましょう!力まずやりましょう!まで、すべて話した。後ヨットを使うことによって最悪足や体の故障がおきて、走り続けることができなくなってもどこかの海にさえたどり着いてもらえれば、後はヨットで日本まで戻れるので、世界一周は成し遂げれるとういうこと・・・・。そんなことすべてをゆっくりゆっくり説明する。ゆっくり話をしているといつの間にか飲みすぎてしまう。寛平さんは資金のことも自分である程度出す決心もあるという。まあできるだけ負担がかからないよう全体のフレームを考えよう。何より計画と予算を早く詰め、納得できるプランができれば、寛平さんと二人で大崎さんと社長に挨拶に行きましょうと約束する。夢なのか夢のように大変な計画がゆっくりと動き出す。あたかも飛行機にのってちょこっと海外に遊びに行く気軽さで・・・。おそらくスケールが大きすぎていわゆるボケているのだろう!まあ二人ともこれぐらい気楽で成功しららええやろな・・・・ぐらいのほうがと、自分なりに言い聞かせながら、現実逃避しているのが本音かも・・・・。嶋田君のお父さんがなくなったらしく71歳とのこと。しかし本当に自分は親孝行をまったくしていない自分にあきれるほど親孝行していない・・・。今日は西宮に泊るが、大阪出張で西宮に泊るぐらいしか本当に何もしていない・・・。まあ元気でいてくれるからこそ、なのだが・・・。やはり健康が一番です。それが誰にも迷惑をかけない一番の方法です。今後は飲みすぎに注意しましょう。
[PR]
# by runandsailing | 2006-05-12 15:58