間寛平 世界一周マラソン 記録ブログ
by runandsailing
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
油壺ボートサービス
10月1日
昼前にABS日高さんを訪問する。まじめそうなかた・・・。開口一発・・・、太平洋横断にはこの船は向いてない・・・・・!よくよく聞いてみるとセールエリアを見て・・・・とのこと。いろいろ話をしているうちにBCCの堅牢な作りは理解してもらえてきた。平均の低速が4.5ノットぐらいであるとか、追い風はいいがのぼりは・・・・などなど手厳しい意見を受ける。しかし自分が信じた船なのでここはばっりちと整備してできるだけびっくりする期間で走りきろう!と思う。もちろん50フィートクラスで横断するほうが楽に決まっているが、ここは自分の夢を寛平さんに託す意味でも付き合ってもらおう。整備に関しては、バウスプリットウインドベンはBCC大谷さんにお願いして日本でとりつける。リギンとアフターデッキはABSで取替え、制作をお願いする。ハードドジャーに関しては予算が読めないとのことで再考することにする。やはり館山マリンの山口さんと鴨川でしこしこと作ったほうが安上がりになる感じ。昨日大谷さんにウインドベンやスタンションや各種セールの発注をメールでお願いする。最近返事が来ないのですこし気になるところ・・・・。ABSへの、持ち込みは大谷さんから各種部品が届いてから持ち込むことにする。目標来年2月。とにかく寛平さんが船の改造は俺がきっちりだすから・・・とのありがたいお言葉。しかしいろいろ安全面を考えて儀装していくと結構な額になる。しかしテストセーリングも小笠原往復を考えるとそこそこの準備をしておかないと・・・。いやはや自分のゆっくりとした夢が急激に進むので気持ちが付いていかず、寛平さんが乗るだけにきっちりと整備をして・・・・などと思っているとなかなか現実味があるようでないような・・・・。とにかく整備をして寛平さんをのっけてがんがん外洋を走ってみて本人のやる気がなえないかためしてみるしかない!ということしか今は言えない。いよいよ今月10日乗り込みで鴨川合宿。ヨット座学用にビデオやDVDや本をそろえる。久しぶりに寛平さんとがっぷりの6日間。一日50キロ、そして初のヨットとのセッション。どうなることやら・・・・。
[PR]
by runandsailing | 2006-10-02 19:34