間寛平 世界一周マラソン 記録ブログ
by runandsailing
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
マネージャー初会議
6月22日
11時より山康チーフマネージャー竹下マネージャー寛平さんとで初の打ち合わせ。まだ非公開ではあるが、作成した計画書を説明する。今読んでいるオーストラリア4200キロを77日間で走った手記にもあったように、とにかく疲労を残さず10日間走れたら、その繰り返しになり、超長距離も可能になるとあり、まず会社やマスコミに発表前にきっちりとトレーニングを行うことを決める。スケジュールの調整できるとこでまず①一日50キロを一週間トライしてみる。どれぐらい問題なく走ることができるか?の第一ステップ。その後②2ウイーク(6日間50キロ一日休憩×2セット)600キロを無事にこなせれば③日本列島縦断を!それを完走して世間に発表!こんな感じの打ち合わせとなる。自分自身がかなり前から真剣に考えていただけに、少々マネージャーののりが肩透かしな感じもしたが・・・・・?それだけ途方もない計画がゆえにだろう。今日NHKエンタープライズの岡本Pにユーラシアに詳しい人を紹介してほしいのお願いに早速NHKスペシャルのエグゼクティブプロデューサーを紹介してもらうことになる。これまたすごい人が出てきたもんだ・・・。恐縮します。後舵社安藤さんにもお願いし、気象のエキスパート馬場さんも紹介してもらうお願いをする。とはいえ3つのシュミレーションランニングを難なくこなさないと、本当の夢に終わってしまうため、何とか寛平さんにはがんばってもらわないと・・・と思う。
[PR]
by runandsailing | 2006-06-23 23:12
サハラてくてく記
サハラてくてく記 リヤーカーマンアフリカ大陸横断11000キロ 永田忠志著を読む。アフリカ東海岸モンバサから西海岸横断し、その後北上しサハラ砂漠を横断、フシニシュはパリ。とにかくマラリヤ等、体調を崩すことが多い内容であった。精神力との戦いが印象的。治安の悪さにおけるトラブルは以外に少なかった。しかし体調を維持し、致命的な病気にかからないように対策が必要と考える。医師の同行がベターだが、現実的には無理なので、インターネットと電話での医師の常時サポート体制をひくべきと考える。
[PR]
by runandsailing | 2006-06-17 21:04
沖縄料理
6月13日
久しぶりに寛平さんと打ち合わせをする。白鳥ディレクター(元藤岡弘探検隊隊員)も海外ロケの経験が多いことから一緒に飲む。なかなかいいやつです。今日からはドキュメンタリー用の素材としてのVTRの撮影も始める。慣れないムービーを説明書を読んで使う。今後撮り方等々勉強が必要である。鶴餅さんさんが海は危ない!堀江謙一と一緒やったらええけど・・・、といつもの不安を口にする寛平さん。白鳥君とロマンがない!飛行機で移動は!と一掃する・・。まだ陸地での移動の危険性の実感がないのだろう。安全な日本との差があまりにも大きく、本を読めば読むほど安全面が気にかかる。山本安。竹下マネージャーと一度ブレストをやろう!ということになる。
[PR]
by runandsailing | 2006-06-14 11:20