間寛平 世界一周マラソン 記録ブログ
by runandsailing
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
カテゴリ:未分類( 62 )
また打ち直し、そしてまた・・・
どうもこのブログははらが立つ。送信を押したらそのままトラぶって打っていた内容がなくなる・・・・。これで2度目。
来週から寛平さんの合宿がはじまること、第一次大整備で400万ぐらいかかること、今から中国にいくこと、ちゃんと走れるか、船に興味をもってもらえるか・・・・などなど書き込んだつもりなのですが・・・・。とにかく坂本さんが初日昼から、東出隊長が前日乗り込みから手伝ってもらえます。がんばりましょう。と打ったあとやばいと思ったのでコピーしていたら案の定、このぺージが見つかりません・・・・どやねん!
[PR]
by runandsailing | 2006-10-08 09:30
10月3日
10月3日
ブログを全部打ち終わったら、エキサイトのメンテナンスであっさりボツ。また一から打ち直し。眠たい・・・・・。今日はヨットの艤装のことで目が覚め中々眠れずに、開き直って4時過ぎからランニング。寛平のことヨットのこと、太平洋大西洋横断とういうそれだけでも冒険が、今回の大冒険では「足」。なかなか複雑な思い・・・・。とにかく寛平さんを無事に送り届けるため、少々高つくがよりよい艤装をおこなおう。BCCの大谷さんにもすでに120万円以上の部品やセールを発注。とにかくヨットをいつでも太平洋に向けて出港できるよう整備を終わらせないと、肝心のプロジェクトの推進に気が回らない。自分にとっての夢が、足になるわけで・・・・。とはいえ足程度の旅行ではなく、まったくヨットに興味も経験も無い寛平さんを、その気にさせ、トレーニングをしてもらい・・・・太平洋をまず横断・・・・という前段階での難解な課題もあり・・・・。とにかく整備を終わらせて、本当のトレーニングに移らないと、仕事のこと、全体のプロデュースのことに進めない。このところを寛平さんにも話をして、とにかく整備は急ピッチで一年で終わらせ、セールトレーニングにできるだけの時間、ランニングトレーニングにできるだけの時間、プロジェクトの全体プロデュースの時間に回せるようにしたい。しかし寛平さんより自分のほうの整理がまだついていない現状・・・・。それだけ現実のほうがせまてきているということか・・・。大崎さんにも寛平さんと一度時間をとってくださいとの打診をした。大崎さん自身はまだ全容はまったく把握していないので、説明したらどのように感じるのか・・・・。自分のこと家族のこと仕事のことこれからのこと・・・・とにかくがんばりましょう!!
[PR]
by runandsailing | 2006-10-04 23:32
油壺ボートサービス
10月1日
昼前にABS日高さんを訪問する。まじめそうなかた・・・。開口一発・・・、太平洋横断にはこの船は向いてない・・・・・!よくよく聞いてみるとセールエリアを見て・・・・とのこと。いろいろ話をしているうちにBCCの堅牢な作りは理解してもらえてきた。平均の低速が4.5ノットぐらいであるとか、追い風はいいがのぼりは・・・・などなど手厳しい意見を受ける。しかし自分が信じた船なのでここはばっりちと整備してできるだけびっくりする期間で走りきろう!と思う。もちろん50フィートクラスで横断するほうが楽に決まっているが、ここは自分の夢を寛平さんに託す意味でも付き合ってもらおう。整備に関しては、バウスプリットウインドベンはBCC大谷さんにお願いして日本でとりつける。リギンとアフターデッキはABSで取替え、制作をお願いする。ハードドジャーに関しては予算が読めないとのことで再考することにする。やはり館山マリンの山口さんと鴨川でしこしこと作ったほうが安上がりになる感じ。昨日大谷さんにウインドベンやスタンションや各種セールの発注をメールでお願いする。最近返事が来ないのですこし気になるところ・・・・。ABSへの、持ち込みは大谷さんから各種部品が届いてから持ち込むことにする。目標来年2月。とにかく寛平さんが船の改造は俺がきっちりだすから・・・とのありがたいお言葉。しかしいろいろ安全面を考えて儀装していくと結構な額になる。しかしテストセーリングも小笠原往復を考えるとそこそこの準備をしておかないと・・・。いやはや自分のゆっくりとした夢が急激に進むので気持ちが付いていかず、寛平さんが乗るだけにきっちりと整備をして・・・・などと思っているとなかなか現実味があるようでないような・・・・。とにかく整備をして寛平さんをのっけてがんがん外洋を走ってみて本人のやる気がなえないかためしてみるしかない!ということしか今は言えない。いよいよ今月10日乗り込みで鴨川合宿。ヨット座学用にビデオやDVDや本をそろえる。久しぶりに寛平さんとがっぷりの6日間。一日50キロ、そして初のヨットとのセッション。どうなることやら・・・・。
[PR]
by runandsailing | 2006-10-02 19:34
テキスト
舵の安藤さんと会い、教則本購入。インナーセーリング①②青木洋著、ヨット用語ハンドブック高槻和宏著3024円なり。後ビデオも数本注文をする。廃盤になっているものは安藤さんに何とか手に入れてもらえることになる。10日からの合宿はマルキ旅館を押さえる。10キロの海岸線のコースも作る。(清一丸協力)フィシャリーナ鴨川羽山さんにも協力のお願いをする。BCC大谷さんへ相談のメールをしたところ、造船所をたたむとのとても残念なメール・・・。いつかは新艇を買って・・・と思っていた夢も夢となる・・・。来年アメリカに行ってお会いしてこようと思う。この計画は打ち明け、いろいろ協力をお願いする。
[PR]
by runandsailing | 2006-09-25 20:34
ABSと舵
20060921
今日早速舵社安藤さんにお願いしてビデオと書籍をお借りできないか相談をする。笑いながら快諾してもらい、来週お伺いすることにする。油壺ボートサービスへも電話をし、早ければ30日にお伺いし相談に乗ってもらおうと思う。
[PR]
by runandsailing | 2006-09-21 19:39
坂本さん
20060920
久しぶりのミーティング。坂本さん寛平さんと久しぶりの食事。坂本さんも湘南マラソンがやっと来年開催までこぎつけ24時間から始まってもう独立して16年目を迎えるそうです。寛平さんがきっかけではじまり、最後のしめくくりにこの企画はおもしろいおもちゃをもらったようで・・・ととてもうれしそう!全体的なお金は寛ぺいさんが出資した自己資金が回収でき、一年間1000万ずつ2000万ギャラがもらえて、僕は会社での自分の給料分このプロジェクトから捻出でき、坂本さんは経費さえきっちりでれば儲ける気はない!とざっとみんなの意思を確認する。
行程検討2008年11月太平洋横断スタート期間2ヶ月~3ヶ月、アメリカ大陸横断5000キロ100日大西洋横断40日~60日ユーラシア大陸走破19000キロ380日中国から日本へ航海し走ってゴールが30日で625日休息日をいれて約2年半、目標2年がざっとした計画。これで行くと台風シーズンが終わりになったころ、太平洋横断がスタートでき、大西洋が春先から台風シーズンインまでに横断でき、ヨーロッパを秋口中国砂漠を冬にぬける・・・がざっとした計画。これを元にコース、気象、を性差し、最終工程を作ること。できるだけ絞り込んでから馬場さんに相談しよう!
10月10日乗り込みの第一合宿は鴨川で決定。
10キロのコースを作り、ハーバーをベースキャンプに5日間250キロをトライ。どれだけダメージをのこさず問題ない走り方をマスターしていく。今後はそれを10日間、20日間、30日間と延ばしていく。本人の自信もつけるため2007年春までには実施。その後セーリングチャレンジで5月に小笠原Wハンドに挑戦。この冬の整備が必要になってくる。第一の大整備の見積もりを作成することになる。何か現実離れしたような不思議な気分にまたなっている自分がいる。今日はもろもろ竹下マネージャーは出席できず。やはりちょっと気になる。舵社にたのんでヨットのハウツービデオと書籍を借りるお願いをしよう。短時間ではあったが有意義な打ち合わせであった。これから第一合宿の準備にかかる。
[PR]
by runandsailing | 2006-09-21 19:36
資料
8月26日
土曜日、誰もいない会社で一人坂本さんから送ってもらった資料に目を通す。アメリカ横断マラソンからはじめシルクロードの予算書や計画書を・・・。とにかくレースに仕立てているため予算がどんでもなく膨らんでいることにおどろく。やはりいくらタレント間寛平といえ、シンプルで実現性のある規模を選択しなければならないと痛感する。いくつか夫婦で自転車でシルクロードを走破した方やいろいろ興味深いところはコピーさせてもらう。今日は24時間テレビ・・・。まもなくはじまる番組を横目で見ながら、資料を整理している自分が面白かった。今年はアンガールズが走るらしい・・・。また坂本さんの姿を見るだろう。あれから何年になるのか・・・?17年?15年?

MEMO:アメリカ大陸横断データーベース 20060826 東京本部にて
■トランス・アメリカ・フットレース4700キロ 海宝道義(50)587時間64日間
■4日間で3足のペースで計47足はきつぶす。
■カルフォルニア ハンティントンビーチからニューヨークセントラルパーク
■スタート6月17日から8月19日
■道路の最高位 3600メートル 最高温度57度
■一日平均最高97キロ 平均77キロ
[PR]
by runandsailing | 2006-08-26 18:22
久しぶり
8月22日
海の時空館のイベントで寛平さんにご協力をお願いし、久しぶりに会う。24時間テレビでの10種競技のトレーニングでむきむきマンに変身しかけてました。しかし57歳の体ではない変なおっさんである。こちらもあれから進んでなく、坂本さんより資料が届いたのでまた一度ゆっくりと検討しよう。24時間テレビが終わったらまた一度ミーティングしましょうと約束する。菱垣廻船を自分の大洋横断と合わせて興味深く見学していた。今までならまったく興味が無かった船なのに・・・。
[PR]
by runandsailing | 2006-08-22 22:32
坂本さん
7月10日
寛平さん、林尚、竹下で食事をする。少々落ち込んでいる林君を元気付けることも合わせて一緒に誘う。コースの説明等々話をする。
7月14日
坂本さんと初のミーティング。計画概要を説明する。まずは体のゆがみ(右肩下がり)を矯正したいので、専門医のセレクトをお願いする。心当たりがあるらしく、都内で通院できるとこをさがしてもらう。具体的なトレーニングメニューは矯正が終わってから、8月からはじめ10月中旬の第一回シュミレートランニングに備える。シルクロードは以前走った人がいることや、CDで結構使える地図があるそうで送ってもらうことにする。
[PR]
by runandsailing | 2006-07-15 16:06
GPS購入
Cマップ対応のフルノG-7000Fが届く。NMEA183も受けれるようなので、GPSとオートパイロットがつなげるようなので、部品をメールでフルノに発注をする。レーダーとの連動がないので
レーダー付きが取り付けるとこちらがバックアップGPSとなる。今から鴨川にはいり、冷蔵庫の撤去、GPSの取り付けに行くことにする。海外渡航準備第一弾!168000円なり。先週馬場さんからコース上の全気象データがそろったとのこと・・。ありがたいことです。今週会うことにする。楽しみである。
[PR]
by runandsailing | 2006-07-15 16:06