間寛平 世界一周マラソン 記録ブログ
by runandsailing
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
下北
寛平さんとの打ち合わせをまたまた下北沢でおこなう。スペイン料理を食べながら、作りかけの計画書と世界地図をさかなに飲む。ヨットのことが不安らしく、台風のとこいかんといてな!の連続。そもそもヨットがおそらく一番安全だということ、つまり飲料から食料から安全備品やライフラフとの話をし、そんなものすべてが揃っているヨットはいわば完璧な移動手段であること。それにくらべ陸を走るということは、高額な撮影機材やインマルサットなどの通信設備をもち「我々は高価なものをもってますよ!」といいながら治安の悪い地区を走るほうが余程危険である・・・とゆっくりと説明を繰り返す。これはヨットの不安を取り除くブラフではなく、実は本当にこれが一番頭が痛い。アメリカ大陸は何とかなりそうだが、スペインから中国が本当に危険な箇所が多すぎるのも事実。今後計画を立てていくにはこの安全確保が一番の課題になってくるだろう。寛平さん自身はもう完全戦闘モード全開で、早く行きたくて仕方がない様子。ひっきゃんで始まりひっきゃんで終わることを痛く喜んでくれる。時間もたっぷりあったので、ブログで書いてある内容をすべて寛平さんに話をした。最終的な自分の夢、最近の人生訓、このプロジェクトには3通りしかないこと、スタートすら切れない、スタートするがリタイヤ、完走この3つも実はもうすでに決定していて、それが実はもう決められていることなので、どちらにせよそれを受け入れましょう!力まずやりましょう!まで、すべて話した。後ヨットを使うことによって最悪足や体の故障がおきて、走り続けることができなくなってもどこかの海にさえたどり着いてもらえれば、後はヨットで日本まで戻れるので、世界一周は成し遂げれるとういうこと・・・・。そんなことすべてをゆっくりゆっくり説明する。ゆっくり話をしているといつの間にか飲みすぎてしまう。寛平さんは資金のことも自分である程度出す決心もあるという。まあできるだけ負担がかからないよう全体のフレームを考えよう。何より計画と予算を早く詰め、納得できるプランができれば、寛平さんと二人で大崎さんと社長に挨拶に行きましょうと約束する。夢なのか夢のように大変な計画がゆっくりと動き出す。あたかも飛行機にのってちょこっと海外に遊びに行く気軽さで・・・。おそらくスケールが大きすぎていわゆるボケているのだろう!まあ二人ともこれぐらい気楽で成功しららええやろな・・・・ぐらいのほうがと、自分なりに言い聞かせながら、現実逃避しているのが本音かも・・・・。嶋田君のお父さんがなくなったらしく71歳とのこと。しかし本当に自分は親孝行をまったくしていない自分にあきれるほど親孝行していない・・・。今日は西宮に泊るが、大阪出張で西宮に泊るぐらいしか本当に何もしていない・・・。まあ元気でいてくれるからこそ、なのだが・・・。やはり健康が一番です。それが誰にも迷惑をかけない一番の方法です。今後は飲みすぎに注意しましょう。
[PR]
by runandsailing | 2006-05-12 15:58
<< 坂本さん まさゆめ? >>